電子ジャーナル「新・地殻」

「新・地殻」表紙

「新・地殻」は日本薄片研磨片技術研究会が定期的に発行する電子ジャーナルです。

1959年から2007年に発行された旧研究会誌「地殻」はこちらです。

最新号(2021年第7号)

 

新・地殻 2021年 第7号(2021.3.8 発行)目次

*「閲覧:会員限定ページ」は会員限定ページ閲覧に必要なパスワードでご覧になれます。または会員向けページにある「新・地殻」からアクセスしてください。

ノート

タイトル カムイサウルス・ジャポ二クス(むかわ竜) 化石の薄片作製(p.1-4)
著者 中村晃輔
北海道大学大学院理学研究院 薄片技術室
要旨 日本国内で発見され学名が付いた8 種目の恐竜となる「カムイサウルス• ジャポニクス」(Kamuysaurusjaponicus).この度,北海道大学大学院理学研究院 薄片技術室はこのカムイサウルスの研究チームである北海道大学小林快次教授より依頼を受け,脛骨部分などの薄片試料を作製し,年齢推定などに貢献した.今回は,カムイサウルス化石の大型薄片の作製手順,2019 年夏に国立科学博物館「恐竜博2019」にて展示された様子などを報告する.
キーワード 大型薄片,恐竜化石,ボーンヒストロジー,カムイサウルス,むかわ竜
本文 閲覧:会員限定ページ

ノート

タイトル 偏光顕微鏡で見るアスファルトコンクリート(p.5-8)
著者 河村 直哉*,坪川 将丈 **
*国土交通省 国土技術政策総合研究所 空港研究部,
**国土交通省 国土技術政策総合研究所 空港研究部 空港施設研究室
要旨 アスファルトコンクリートは,砕石や砂などをアスファルトで結合し一体化させたものであり,道路や空港のアスファルト舗装の主要材料である.本稿では,乾式研磨法によるアスファルトコンクリートの薄片の作製方法を示すとともに,偏光顕微鏡観察で得られたアスファルトコンクリートの画像にもとづき,アスファルトコンクリートがどの
ようなものかを紹介する.
キーワード アスファルトコンクリート,薄片,乾式研磨,偏光顕微鏡
本文 閲覧:会員限定ページ

その他

タイトル やきもの屋の薄片作製(ブラジルにて)(p.9-12)
著者 江原朋宏,江原麻生エミリア久美
陶芸工房ATELIE KO
要旨 陶土に含まれる珪石は,本焼きと呼ばれる高温焼成においてもその形を崩さないための素地の骨格の役割を果たす.ブラジルで陶芸家として活動する著者らは,本焼きの工程における珪石の状態に関心があり,素地の薄片を作製し,微細組織を観察したいという希望があった.しかし,薄片作製の経験も設備も全くない状況であった.近年はインターネットの利用によって,様々な事柄の独学が可能になってきた.これらの情報源を頼りに,薄片製作の技術習得に挑戦してきた.本記事では,身近な道具を用いた独学での薄片作製の様子と,完成した薄片の観察結果について紹介する.
キーワード 陶器,貫入,薄片,独学,ブラジル
本文 閲覧:会員限定ページ