研究会について
岩石薄片作製工程版画:スライドガラスに接着
HOME > 研究会について>活動内容>刊行物

問い合わせ:

日本薄片研磨片技術研究会

事務局

 

〒980-8578

仙台市青葉区荒巻字青葉6-3

東北大学大学院

理学研究科地学専攻

技術室内

TEL/FAX: 022-795-6670

Email: メールアドレス

 

研究発表討論会
関連書籍
新・地殻
賛助会員
刊行物

電子ジャーナル「新・地殻」

「新・地殻」は日本薄片研磨片技術研究会が定期的に発行する電子ジャーナルです。1959年から2007年に発行された旧研究会誌「地殻」はこちら(旧研究会誌「地殻」)

「新・地殻」バックナンバーはこちら

 

新・地殻 2019年 第5号(2019.2.25 発行)目次

タイトル 2018年 50年継続会員表彰 大山 次男(受賞者の言葉)(p.1)
著者

大山 次男

本文

本文を読む(クリック)PDF:492KB

 

その他
タイトル 研磨片・薄片から見るマンガンクラストの微細構造と生成環境(p.2-8)
著者

長岡 安奈*,川村 美智子**,臼井 朗**,大和田 朗***,平林 恵理***

*高知大学大学院理学専攻,**高知大学 海洋コア総合研究センター,

***産業技術総合研究所地質調査総合センター 地質情報基盤センター

要旨

マンガンクラストの生成,成長メカニズムを解明するために,乾式研磨法により作製された研磨片および薄片を用いて顕微鏡スケールの鉱物などの各構成物質,成長構造の観察を行った.マンガンクラスト中の構造は4つに分類でき,構造ごとに堆積物の量比が異なることが推測できた.堆積物は数百~数µmまでの鉱物粒子,極細粒な粘土鉱物粒子などから成り,その量比,鉱物種の変化はマンガンクラスト形成史と古環境を関連付ける重要な指標になる可能性がある.光学顕微鏡による鉱物,構造の記載は,成因研究に有益かつ不可欠の知見となる.

キーワード マンガンクラスト,乾式研磨法,研磨片,薄片,成長構造
本文 閲覧:会員限定ページ

 

報告
タイトル 第61回日本薄片研磨片技術討論会開催報告(p.9-10)
著者

大和田 朗, 鈴木 正哉, 佐藤 卓見

産業技術総合研究所

本文 本文を読む(クリック)PDF:1.45MB