ギャラリー
岩石薄片作製工程版画:最終研磨
HOME >ギャラリー

問い合わせ:

日本薄片研磨片技術研究会

事務局

 

〒980-8578

仙台市青葉区荒巻字青葉6-3

東北大学大学院

理学研究科地学専攻

技術室内

TEL/FAX: 022-795-6670

Email: メールアドレス

 

研究発表討論会
関連書籍
新・地殻
賛助会員
ギャラリー

薄片・研磨片の世界

ギャラリーでは、薄片・研磨片に関係のある情報を幅広くお伝えしていきます。

 

第4回は、マダラクモヒトデの美しい姿をご紹介します。

 

 

マダラクモヒトデ

作製:田尻 理恵 (早稲田大学 教育・総合科学学術院 薄片室)

 

未固結堆積物を薄片にする技術を応用して、マダラクモヒトデの薄片を作製しました。この手法では、動物に含まれている水分をアセトンに置換することによって完全に脱水し、次にアセトンをSpurr樹脂に置換して、その後Spurr樹脂を熱重合で固化させてから薄片にします。非常に手間のかかる手法ですが、動物組織内部の位置関係そのままに硬組織も軟組織も同時に観察することが可能となります。

 

 

****** 作製者からのコメント *********************

岩石薄片技術は、生物の硬組織と軟組織を本来の位置関係を保ったまま同一平面で観察することを可能にします。薄さは調節できるので、今回は組織の色や境界をはっきり観察できるよう、通常の岩石薄片よりかなり厚めの100μm程度に仕上げました。もちろん一般的な生物切片用の10μm程度の薄さに仕上げることも可能です。画像上の色は、クロスニコル画像以外は全て天然の色です。歯舌の赤紫や胃の黄土色なども組織本来の色で、一切着色はしていません。画像撮影については早稲田大学の佐藤侑人氏のご助力を賜りました。厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

このページの先頭へ