ギャラリー
岩石薄片作製工程版画:最終研磨
HOME >ギャラリー

問い合わせ:

日本薄片研磨片技術研究会

事務局

 

〒980-8578

仙台市青葉区荒巻字青葉6-3

東北大学大学院

理学研究科地学専攻

技術室内

TEL/FAX: 022-795-6670

Email: メールアドレス

 

研究発表討論会
関連書籍
新・地殻
賛助会員
ギャラリー

薄片・研磨片の世界

ギャラリーでは、薄片・研磨片に関係のある情報を幅広くお伝えしていきます。

 

第5回は、私たちの周りに存在する「身近なもの」を薄片・研磨片技術を用いて再現してみました。その姿をお楽しみください。

 

 

1. 現代版磨製石器

作製:中村晃輔 (北海道大学)/ 佐々木克久 (アースサイエンス株式会社)

薄片技術を応用して石の包丁、言わば現代版の磨製石器を作製しました。刃の部分には黒曜石(十勝石)、柄には天然素材であるオオシャコガイ化石を使っています。黒曜石(十勝石)はガラス質で非常に壊れやすいので、乾式研磨法を用いて磨き上げました。現代版磨製石器は、薄片技術によって成し得た作品と言えると思います。

 

 

****** 作製者からのコメント *********************

刃先に関しては少しの衝撃で割れてしまいます。最初から最後まで気を抜けない作業の連続でしたが、薄片技術の普及の一環となればとの思いで仕上げました。自然が創り出した素材から作り上げた人間の道具、黒と白のコントラストをお楽しみください。 試料提供:大和田朗(産業総合研究所) 野村秀彦(北海道大学)

 

2. 石のヒメシロチョウ

作製:大和田 朗 (産業技術総合研究所)

 

薄片作製の基礎技術「切断」「研磨」「接着」を用いて作製した石の昆虫作品の最新作です。

 

 

 

****** 作製者からのコメント *********************

化石サンゴの細かい穴に研磨材が入らないように、乾式研磨法で研磨しました。そのため、白く美しいヒメシロチョウが完成しました。

 

 

 

 

このページの先頭へ